玉山遠眺

玉山遠眺

Mt. Jade from Afar

玉山の遠望 

 

1927, 畫布油彩, 37.5×44.5cm

oil on canvas

画布油彩 

 

    彩管擠溢出的厚重顏料,點綴成草坡上的景物,擦旋成繁茂的樹叢。線條在前景裡四處躍動,顯得生機蓬勃。但若抬頭遙望,平塗而成的遠景當中,卻見玉山壯峙,蒼鷹浮掠。山頭上的皓然白雪,映照出幽深渺遠的氣氛。

 

    As if freshly squeezed out of a paint tube, thick squiggles and glossy whorls of color animate the grassy slope and add a lively depth to the leafy thicket of trees behind. Frenetic brushstrokes flood the foreground with movement and vitality. Beyond the trees and green rolling hills, up where the hawks glide, a chain of mountains rises majestically in the distance. Painted in a flatter, smoother style, the brilliant snow-capped peaks of Mt. Jade evoke a sense of deep serenity.

 

   チューブからたっぷりと絞りだした絵の具をこすり付けるようなタッチで生い茂る樹木が描かれ、雑草に覆われた斜面に景物を添えています。前景の到るところで線が躍動し、生気あふれる画面となっています。しかし、頭を上げて遠方に目をやると、平塗りされた遠景の中に、玉山が堂々と聳え、空中で獲物を狩るオオタカが見えます。山頂を覆う真っ白な雪が、幽遠な雰囲気をかもし出しています。

 

    從嘉義郊外遠眺新高山頂,陳澄波仔細吟味兩個境界的風景印象,將眼前所見的廣遠遼闊,安排成一件精緻小巧的作品。

 

    Looking eastward from the outskirts of Chiayi, Chen Cheng-po carefully arranged the vast expanse before his eyes—landscapes near and far—into a single exquisite composition.

 

    嘉義郊外から遠望する玉山(新高山/ニイタカヤマ)の頂き-陳澄波はこの2点にまたがる風景のイメージを丹念に吟味し、遙かに広がる眼前の景色を一枚の精緻な小品にまとめました。

 

 

 1.撐傘人物

Familiar figures with parasols

傘をさす人物

 

    簡單的筆刷與線條構成的形象雖然模糊,但若熟悉陳澄波的風景畫,自然會聯想到這是他慣常配置在畫面當中的點景人物,也就是撐著陽傘的女性。持傘遮陽,是近代文明生活的一種寫照,同時也為這幅畫點綴出幾許南國氣氛。

 

    The figures that dot this painting are indistinctly rendered with simple brush strokes and dabs of color. Even so, those familiar with Chen’s landscapes will recognize them right away as the iconic figures which often appear in his other works: ladies shading themselves with parasols. The use of parasols was a hallmark of modern, civilized life and, as a motif, the parasols in this painting accentuate the southern, sub-tropical setting.

 

    シンプルなタッチと線で構成されたものが何を表すのか、パッと見ただけではよくわからないかもしれません。しかし、陳澄波の作品に馴染みのある方ならば、陳澄波の風景画によく登場する人物を自然に連想するでしょう。これは日傘をさしている女性です。日傘で陽射しを和らげる様子が、近代の文明的な暮らしを表す一コマであるのと同時に、南国らしい雰囲気をも添えています。

 

2.電線桿與阿里山

Electric poles and Alishan Mountain

電柱と阿里山

 

    木造的電線桿被密集安設在草綠色的原野上,其中一支歪歪斜斜地出現在畫面中央,十分搶眼。日治時代,殖民政府從日本引進柳杉,在畫作背景的阿里山區進行造林,樹型筆直的柳杉,也成為後來臺灣諸多電線桿的製作材料。

 

    Wooden electric poles stand in close proximity along the green grassy slope; in the center of the canvas, one pole leans distinctly askew, capturing the viewer’s eye. During the Japanese era, the colonial government brought Japanese red cedar trees to the island and set up forestry centers in the Alishan mountain region, depicted in this painting’s background. With their perfectly straight trunks, red cedar trees became a standard building material for electric poles in Taiwan. 

 

    若草色の原っぱに木製の電柱が何本も設置されています。そのうちの1本は大きく斜めに傾いて画面中央にあり、かなり目を引きます。日本統治時代、政府は日本から柳杉を持ち込み、この作品の背景に見える阿里山に造林しました。真っ直ぐに高く伸びる柳杉はその後、多くの電柱の材料として使われました。

 

 3.郊野

On the edge of the city

郊野

 

    1926年,陳澄波入選帝展的畫作《嘉義街外》,係以城市與郊區邊界地帶的風景為主題。這幅畫的創作概念,可能也與之相仿。畫中,電線桿與水泥圍牆豎立在大片的自然植被當中,說明了現代文明的力量正逐步向都市外圍拓展。

 

    Selected in 1926 for the Imperial Exhibition, Outside Chiayi Street (1) portrays the scenic borderline between city and countryside. Mt. Jade from Afar may have been inspired by a similar interest in the urban-rural dividing line. Electric poles and cement walls protrude conspicuously from a sea of lush natural greenery, signifying the expanding influence of modern civilization on the rural outskirts of the city.

 

    1926年に帝展入選を果たした『嘉義の町はづれ』という作品は、街と郊外との境にある風景を主題としています。この作品の創作アイデアはおそらくそれを模倣したものでしょう。絵の中で、電柱とコンクリート塀が自然の風景の中に建てられており、現代文明の力が都市の周囲にまで拡大していることを示しています。

 

4.玉山

Mount Jade

玉山

 

    在陳澄波的現存作品當中,這可能是最早將白雪皚皚的玉山形貌完整描繪出來的一幅畫。從市區遙望玉山山脈上的美麗積雪,是嘉義在地人共同的生命經驗,而在這幅介紹家鄉風景的畫作當中,陳澄波也凸顯了同樣的視覺印象。

 

    Among Chen’s surviving paintings, this may have been the earliest to showcase the snow-capped peaks of Mount Jade. Gazing out at this distant snow-lined mountain range is a shared experience among all Chiayi residents, past and present. In this painting, Chen shares with the viewer this impressive sight of the countryside near his hometown and the mountains beyond.

 

    現存している陳澄波の作品の中では、純白の雪に覆われた玉山の全貌を描き出した作品として、最も早い時期のものと思われます。街中から遥かにのぞむ玉山山脈に美しく降り積もる雪は、嘉義の人々に共通する原風景です。それは、陳澄波が故郷の風景を紹介したこの作品のなかでも、突出した視覚イメージとして表れ出ています。

 

 5.歐陽文

Ou-yang Wen

欧陽文

 

    據說,陳澄波將這幅早期的油畫作品,送給了向他習畫的藝術家歐陽文。1950年,歐陽文在白色恐怖當中遭羅織罪名入獄,這幅畫也被軍方帶走,之後又棄置於街頭。幸賴歐陽文夫人林翠霞女士將之拾回並妥善保存,才得以傳世。

 

    Chen completed this oil painting early in his career and gave it to an artist under his tutelage named Ou-yang Wen. In 1950, during the period of White Terror, Ou-yang was arrested on trumped-up charges and thrown into prison. As for the painting, it was confiscated by military police and later thrown out into the street. It is thanks to Ou-yang’s wife, Lin Cui-xia, who retrieved and stored the painting with care, that it can still be enjoyed by art enthusiasts today.

 

    この早期の油彩画は、もともとは教え子の芸術家・欧陽文に贈られたものだそうです。1950年、欧陽文氏は白色テロの最中に無実の罪で投獄され、この絵も軍に持ち去られたのち、街角に捨てられていました。幸いにも欧陽夫人(林翠霞女史)が拾って持ち帰り、大切に保管したため、現在まで無事に残りました。

 

 6.厚塗法

Impasto: a painting technique

厚塗り

    陳澄波使用了相當厚重的油彩來描繪樹叢、人物與電線桿,近景的一切事物因此變得立體。「厚塗法」也讓人聯想到陳澄波所景仰的梵谷,這兩位畫家的許多作品,都能見到相同的技法,鮮明地表現出筆刷的扭轉與線條的旋動。

 

    Chen used thick layers of paint to give rich texture to trees, figures, and electric poles, producing a three-dimensionality which spans the entire foreground. This technique, known as impasto, calls to mind the work of Vincent van Gogh, an artist whom Chen greatly admired. Both artists used the impasto technique within several of their works, with brushstrokes visibly dancing across the canvas and contours awhirl.

 

    絵の具を分厚く塗り重ねて樹木や人物、電柱を描いたことにより、近景の事物はどれも立体的に見えます。この「厚塗り法」は、陳澄波が憧憬してやまなかったゴッホを連想させます。リズミカルな筆づかいやくるくると転がってゆく線が鮮明にあらわれ、二人の作品の多くに同じ技法が使われていることが見て取れます。

 

7.飛鳥

Bird in flight

飛び去る鳥

    以簡單筆畫勾勒出的飛鳥,在青綠色的天空中浮掠而過。牠的輪廓深暗,恰好對襯了遠處玉山的雪白。在視野開闊的風景畫裡,陳澄波偶爾會在遠處安排飛鳥的掠影作為點綴,用以暗示一種曠遠而寂靜的空間氣氛。

 

     Rendered in simple brushstrokes, a dark bird glides through the pale green sky, accentuating the distant white caps of Mt. Jade. Chen often added this motif in the skyline of his landscapes to enhance the sense of breadth and stillness in the boundless horizon.

 

     青緑色の空を飛ぶ鳥が、ごくシンプルなタッチで描かれています。鳥の黒っぽい輪郭線が、遠方の玉山を覆う真っ白な雪に映えています。陳澄波は大きく開けた風景の内に、飛び去る鳥を描き添えることがあり、この鳥の姿によって広大な景色に漂う物寂しい雰囲気が暗に示されています。

維護單位:嘉義市政府文化局